シドニーの雨温図

シドニーのハイサーグラフ

解説

雨温図の気温のグラフは直線でもなければ、尖ってもいないので赤道から近からず遠からずのC気候です。次は乾季を探します。目立った乾季は無いのでCf気候となります。

CfaかCfbか私は降水量を見て判断します。降水量に変化がなければCfb、変化があればCfaというパターンになりますが、このグラフはその判断がしにくいので正式な判断の仕方で最暖月平均気温が22℃以上なのでCfaと判断します。

ハイサーグラフは気温の年変化が少しあり、降水量の変化も少しあるので、小さな縦長になっています。