鹿児島の雨温図

鹿児島のハイサーグラフ

 

雨温図の解説

気温のグラフを見ると、C気候つまり温帯気候です。降水量は夏に多い事が分かります。夏のモンスーン(季節風)によって太平洋から湿気がもたらされるからです。日本の太平洋側の年に典型的な雨温図です。九州南端の鹿児島は台風や梅雨によって夏に雨が大量にもたらされます。

ハイサーグラフの解説

夏に多雨、冬に乾燥と言うことで、右上がりのハイサーグラフになります。