オスロの雨温図

オスロのハイサーグラフ

解説

オスロはノルウェーの首都です。雨温図の気温のグラフは最寒月平均気温が-3℃未満なのでD気候つまり冷帯です。オスロは緯度が高いので冬の気温がもっと下がっても不思議ではありませんが、北大西洋海流という暖流によって暖気がもたらされるからです。

内陸に行くほどこの影響が少なくなり冬は寒くなり、気温の年較差が大きくなる傾向となります。オスロより緯度がやや低いモスクワの方が冬の気温が低いのは北大西洋海流の影響が小さくなるからです。

降水量は偏西風の影響で年中一定となっています。偏西風が当たる地域はCfbが多いですが、オスロはギリギリDfです。やはり緯度が上がると気温は低くなるためです。