中国の想像上の生き物である龍は日本でも十二支の中にあってお馴染みですが、龍の爪の数が違って爪の数に意味があるということを知っている人はほとんどいません。下の龍の絵は爪の数が5本、4本、3本と異なります。

5本

4本

3本