地理の農作物、こうりゃんとは

地理の農作物、こうりゃんとは

 

こうりゃんとは、イネ科の一種で、熱帯・亜熱帯地域で生育する穀物です。

 

実は赤褐色で、米や小麦の育ちにくい土地でもそだてることができる、とても強い植物です。「こうりゃん」というのは中国語の呼称で、ほかにも、「もろこし」「たかきび」「ソルガム」などとも呼ばれることもあります。

 

蕎麦の実のような食感があり、ひき肉の代わりに料理に代用することができます。日本人に馴染みのあるものとしては、白米に混ぜて炊く雑穀の中に入っていたりします。

 

食用として食べている地域は多く、エスニック料理のクスクスやインドなどで主食とするチャパティ、シロップなどにも加工されます。

 

また、家畜用の飼料としたり、蒸留酒・ビールの材料などにも使われ、その用途は非常に幅広いものです。

<% pageTitle %> 難関大学や国公立大学を受験するとき、複数の科目を効率よく勉強しなければいけません。ただ、多くの大学では地理の配点比率は低いため、地理よりも英語や数学の勉強を優先する必要があります。

しかし、学校の先生はこれを教えてくれません。学校ではガチガチの受験対策より「学習指導要領」に沿った授業をめざしているからです。そうした先生のアドバイスに100%従っていると、志望校への最短ルートを進むことはできません。

そこで受験勉強は自分で戦略を練るところから始める必要があります。具体的には「どの程度、地理を勉強すればいいか」「どのようなツールを使えばよいか」などです。これについて以下のページで解説しています。



 

関連ページ




トップページ 雨温図・ハイサーグラフ サイトマップ お問い合わせ