太平洋側と日本海側の気候の特徴に違いができる理由

同じ日本であっても太平洋側と日本海側で気候の特徴が大きく異なります。例えば、太平洋側では夏に雨が多く、日本海では冬に雨が多くなります。

こうした気温の違いの要因は、吹く風や地形を考えることで理解できます。そこで、ここでは太平洋側と日本海側で気候があ大きく異なる理由について解説します。

太平洋側では夏に雨が多い、日本海側では冬に雨が多い:雨温図で確認する

日本の気候は太平洋側と日本海側で大きく異なります。特に降水量に大きな差が見られます。降水量を比べるとき、雨温図を比較すると分かりやすくなります。

そこで、太平洋側の都市である静岡市と、日本海側の都市である金沢市の雨温図を以下に示しました。なお、降水量は青色の棒グラフで示されています。

静岡の雨温図 金沢の雨温図

2つの雨温図を見比べて、太平洋側(静岡)では夏に降水量が多く冬に少なく、日本海側(金沢)では冬に降水量が多いことが分かります。

ちなみに、金沢など日本海側の地域は積雪の多い地域として有名ですが、雨温図では積雪量も降水量として計算されています。

季節風(モンスーン)が原因で雨や雪が多く降る

太平洋側、日本海側で降水量の特徴が異なる理由は季節風(モンスーン)にあります。季節風とは、その名の通り季節によって吹く方向が変化する風です。

日本に吹く季節風は夏に南東の風、冬に北西の風となります。ちなみに、「南東の風」とは、南東方向から吹いてくる風のことを言います。これを図にすると以下のようになります。夏の季節風は太平洋側から日本列島に吹き付け、冬の季節風は日本海側から日本列島に吹き付けている様子が理解できるはずです。

ここで季節風は海から吹いていることがポイントになります。季節風が海上を通過するとき、湿気が運ばれます。その湿気が日本列島で雨になります。そのため、夏は太平洋から湿気が運ばれ、冬は日本海から湿気が運ばれてきます。

太平洋側と日本海側で気候が異なる理由は山脈があるから

太平洋側と日本海側で気候が異なる理由は季節風だけではありません。日本列島では山脈が以下のように縦に連なっていることがポイントになります。


このように、北海道から九州にかけて、太平洋側と日本海側を分けるように山々が連なっています。例えば、東北地方の奥羽山脈、長野県付近の日本アルプス、中国山地、四国山地などがあります。

これらの山脈は標高が高いために、季節風に運ばれた湿気は山脈を越えることが難しくなるのです。この現象を具体的に説明します。

まず、湿気を含む風が山を越えるには標高が高い所を通らなければなりません。標高が高くなると気温が下がり、湿気が空気中に存在できなくなってしまいます。理科の言葉を使うと、飽和水蒸気量に達してしまいます。

そのため、山を越える前に湿気が雨に変わって地上に降ります。湿気を失った空気の風だけが山を越えていきます。この様子を夏の季節風が太平洋側に吹き付ける様子として図に示しました。

このように湿気を含んだ季節風が太平洋側から日本海側へと越えるとき、湿気だけが山脈の手前で雨となります。湿気を失って乾いた季節風は日本海側へと抜けていきます。こうした理由で夏は太平洋側で雨が多くなります。

一方で、冬の場合は太平洋側と日本海側で状況が逆転します。以下は日本海側から湿気を含む季節風が吹き付ける様子を図に示しました。

このように、湿気を含んだ季節風が日本海側から太平洋側へと越えるとき、湿気だけが山脈の手前で雨(雪)となります。湿気を失って乾いた季節風は太平洋側へと抜けて行きます。こうした理由で冬は日本海がで雨・雪が多くなるのです。

降水量が増える要因として暖流の影響もある

日本の周りには4つの海流が流れています。海流とは一年中ほとんど同じ方向に進んでいる海の流れを意味します。

また、海流には暖流と寒流があります。暖流は赤道付近で暖められた海水が流れ込んできたものであり、寒流は北極付近で冷やされた海水が流れ込んできたものです。

日本近海では黒潮(日本海流)と対馬海流が暖流、親潮(千島海流)とリマン海流が寒流となります。その様子をイラストにすると以下のようになります。

暖流は赤道で暖められた海水なので、水分が蒸発しやすいということになります。逆に、寒流は冷たい海水なので、水分が蒸発しにくいという特徴があります。これはホットコーヒーでは湯気が立ちますが、アイスコーヒーでは湯気は立たないのと同じです。

暖流から水分が蒸発し、その湿気が季節風に乗って夏は太平洋側に、冬は日本海側にもたらされます。

ここまでの流れをおさらいすると、暖流の影響で日本周辺の海では海水が蒸発しやすい環境担っています。そこに季節風が吹くことで、湿気が日本列島へと運ばれます。このとき、夏は太平洋から、冬は日本海から湿気がもたらされます。

季節風によって運ばれた湿気は山脈を越えることができないため、山脈の手前で雨となります。そのため、太平洋側では夏に降水量が多く、日本海側では冬に降水量が多くなります。

台風・梅雨の影響も考慮した方が良い

太平洋側では夏に降水量が増え、日本海側では冬に降水量が増えるという原則が分かりました。しかし、雨温図をよく見るとある疑問が生まれます。

「日本海側の夏も降水量が割と多い」と言うことに気づきます。これは毎年6月に訪れる梅雨により降水量が増加するためです。さらに夏から秋にかけて日本付近を通過する台風の影響で大量の雨がもたらされます。

こうしたことから、日本海側では夏の降水量も比較的多いということに注意しましょう。つまり、日本海側の都市は年間を通して天気が悪いということになります。以下は年間の日照時間を色分けした図になります。

出典:都道府県別統計とランキングで見る県民性

日照時間ランキングで最下位は秋田県です。その他にも色が青や緑に近く、ランキング下位の都道府県は日本海側に集中していることが分かります。

まとめ

日本海側では冬に降水量が多く、太平洋側では夏に降水量が多くなります。こうした違いは季節風が夏と冬で吹く方向が異なることで生じます。

日本沿岸には暖流が流れているため、水分が蒸発します。そのため、季節風は湿気を含みながら日本列島へ進んできます。

日本に到達した湿気は山脈を越える手前で雨や雪になってしまうため、山脈手前の降水量が増えます。要するに、夏であれば太平洋側、冬であれば日本海側の降水量が増えるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA