宮崎の雨温図

宮崎のハイサーグラフ

雨温図の解説

宮崎は九州の太平洋側の都市です。気温のグラフを見ると、温帯だということが分かります。日本のほとんどの都市は温帯気候なのでグラフの形状を覚えておくのも良いでしょう。

降水量を見ると、夏に多く冬に少ないことが判断できます。特に台風や梅雨の影響で夏の降水量は多くなります。冬は季節風が日本海側に雨や雪をもたらした後、乾燥して太平洋側へ吹きます。

ハイサーグラフの解説

夏に多雨、冬に少雨と言うことから右上がりのハイサーグラフができています。