サンフランシスコの雨温図

サンフランシスコのハイサーグラフ

左軸:降水量(mm)、右軸:月平均気温(℃)

横軸:降水量(mm)、縦軸:月平均気温(℃)

解説

サンフランシスコはアメリカの西海岸の都市です。雨温図の気候のグラフは直線でもなく尖ってもないのでC気候の温帯です。降水量がほぼ0になる乾季があります。乾季は気温が高い夏ということでCs気候となります。

ハイサーグラフは気温が高い夏にy軸に張り付いています。気温が低い冬は雨が降るので右下がりとなっています。

Cs,BS,BW,Awの基本的配置

下の図のように沖合に寒流が流れるとBWつまり砂漠気候が海に接しています。BWからやや離れると多少雨の降るBSつまりステップ気候が位置します。北半球ではBSの上(北)にCsが位置し、下(南)にAwが位置します。

サンフランシスコはこのCsに位置します。この例はアフリカのサハラ砂漠でも当てはまり、寒流が流れる海に砂漠が接し、北は地中海のCs、南はガーナ、コートジボワールなどのAwが位置しています。

南半球ではCsとAwの位置が逆転します。つまり砂漠を挟んで赤道に近い方がAw、赤道から遠い方がCsです。南半球ではオーストラリアの砂漠、アフリカのナミブ砂漠がこのパターンです。いずれも沖合に寒流が流れると、海岸までBWがせり出しているところがポイントです。

北半球

南半球