リオデジャネイロの雨温図

リオデジャネイロのハイサーグラフ


解説

リオデジャネイロはブラジルの都市で、リオのカーニバルで有名です。雨温図の気温のグラフは直線ではありませんが、温帯よりは直線に近い。また最寒月平均気温も18度を超えているためA気候だと分かります。降水量が多くないのでAw気候だと判断できます。ハイサーグラフは気温も降水量も年変化が少ないので一点に集中しています。

暖流(アンティル海流)からの湿った空気により大量の雨がアマゾン地域にもたらされるわけですが、なぜ赤道直下にもかかわらずAmが分布しているのでしょう?それは、平野がアンデス山脈まで広がっており、湿った空気がAm地域の上空を通過し、アンデス山脈に当たって初めて上

昇気流を形成し雨をもたらすため、山脈のふもとがAfとなっています。とくにAfの地域はアマゾン盆地と言って周囲を高原や山に囲まれているため、大量の雨が集中しアマゾン川の源流となっています。