旅の情報〜地理の世界から〜|センター地理・地理B・地理A・地理学の解説・勉強

世界の発電方法の比率

 

国ごとで主力な発電方法が異なります。特徴的な国を説明します。

 

日本

日本は火力発電が主力です。先進国である以上、電力消費は膨大で必要不可欠です。火力発電の燃料は天然ガス・石油など日本では産生できない燃料です。また、東日本大震災以前は原子力発電に力を入れていました。
 
原子力発電の原料であるウランです。少量のウランから大量の電力が得られ、二酸化炭素を排出しないと言われていたからです。東日本大震災以来、国内のほとんどの原発が停止しているため、火力発電の割合が全体の9割くらいになっています

 

 

中国インド

中国やインドは石炭を多く産生します。そのため、石炭を原料にした火力発電が多いのが特徴です。また、黄河や長江といった大河にダムを造り、水力発電を行っています。一方、原子力発電は少ないです。やはり石炭が取れるので火力発電をする方がお得です。しかし石炭を原料にする火力発電は公害が懸念されています。

 

フランス

フランスは原発推進国です。2006年のデータでは全体の8割が原発に頼っています。フランスでは火力発電の原料である石炭・石油・天然ガスなどの化石燃料の産生が少ないが、原子力発電の原料であるウランは比較的豊富です。東日本大震災以降、ドイツなど原発廃止の方針を出した国がある中、フランスは原発を推進しています。韓国も原発が多いということも特徴的です。

 

北欧ブラジルカナダ

これらの国は豊富な水源を利用した水力発電が主力です。北欧・カナダは雪解け水を利用し、ブラジルでは豊富な雨によってできるアマゾン川、パラナ川などのダムを利用します。

 

※注意
データは2006年
 

 

関連ページ




ケッペンの気候区分



トップページ 雨温図・ハイサーグラフ オリジナル問題集 サイトマップ お問い合わせ