イスラム教徒が守るべき5つのルール、五行

イスラム教徒が守るべき5つのルール、五行

 

イスラム教は、世界最大の宗教のひとつです。その信徒はムスリムと呼ばれ、五行という5つの信仰行為を行わなければなりません。

 

1.シャーダ、信仰告白
1つめはシャハーダ、日本語で信仰告白といわれるものです。具体的には「アッラーの他に神はなし、ムハンマドはアッラーの使徒である」とアラビア語で唱えることを指します。

 

このうち、「アッラーの他に神はなし」という言葉はキリスト教やユダヤ教に説かれている神様も含めてアッラーこそが唯一神であることを意味します。

 

ここまでは一神教の区別はないわけですが、次の「ムハンマドはアッラーの使徒である」と宣言することによって、ムハンマドが人類最後の預言者であることを表明し、信仰告白を行うものがムスリムであることを強調しているのです。この信仰告白を、イスラム教の施設であるモスクにおいて、宗教指導者や信徒の前で行います。

 

 

2.サラ―、礼拝
2つめはサラー、聖地に向かって礼拝する行為です。メッカにあるカアバ神殿の方角へ向かって祈ることを指し、1日5回行われます。

 

その内容は、夜明け前に行われるファジュル、日の出から次の礼拝時刻までに行われるズフル、自分の影が身長と同じになってから日没までに行うアスル、日没から太陽が完全に消えるまでに行うマグリブ、就寝前に行われるイシャーに分かれます。

 

以上のように礼拝の時間は、その土地と季節によって変わります。このため、現在では正確な礼拝時刻を記したものが作られ、インターネット上のサイトや、スマートフォンのアプリなどでも調べることができます。

 

 

3.ザカート、喜捨
3つめはザカートという、喜捨を指す行為です。これは、困窮者への寄付を表すのですが、現代ではザカートは、自由意志による寄付というより、義務的に課せられるものという意味合いが強くなっています。

 

その内訳も、宗派によって細かく定められており、たとえば1年以上所有している財産のうち、貯金ならば2.5%を納めなくてはならないとされています。集められたものは、生活困窮者や家婦、修行者や貧しい旅行者、新たに改宗したものに用いられます。

 

このシステムは、イスラム共同体における社会福祉として機能してきました。現在のサウジアラビアなどでは、もう1歩踏み込んで、ザカートは国が収集する税金として定められています。

 

このザカート税は、失業者の生活保護の財源となっているのです。また、ザカートとは別に、サダカと呼ばれる、親しい困窮者を助けるための自由意志による喜捨があります。

 

 

4.サウム、断食
4つめはサウムという、いわゆる断食行為です。これは、イスラム歴におけるラマダーン月の間、日の出から日没までの時間に行われます。

 

断食といっても、丸1日飲み食いしないというわけではなく、日没から日の出までの間には、むしろしっかり食事をとることが奨励されています。これにより、夜食の売り上げが伸びたり、期間中、かえって太る人もいるほどです。

 

断食期間であることを忘れて、うっかり飲食したとしても、それだけでは問題になりません。しかし、意図なく飲食を断ったり、断食を止めると決意したが食べ物が見つからなかったという場合には、無効となります。

 

また、旅行者や妊婦、病人、乳幼児など、きちんとした理由があるものは免除されます。そして断食を行っている間は、空腹を紛らわせるために、礼拝の時間の他は寝ていたりすることも問題がないとされています。

 

禁止されていることは飲食のみならず、喫煙、性行為、必要のない投薬、嘘をついたり、喧嘩することも含まれます。これによりラマダーンの間、ムスリムの人々は穏やかに暮らし、連帯感を得られるのです。

 

あくまで苦痛を得るのが目的ではなく、ムスリムはラマダーンを心待ちにしているのです。そして、ラマダーンが終わると、盛大なお祭りが行われます

 

 

5.ハッジ、メッカ巡礼
5つめは、ムスリムならば一生に一度は行うべきとされる、聖地メッカへの巡礼です。これはハッジとも呼ばれ、無事済ませたものは尊称が与えられ、イスラム共同体の中で尊敬を集めることになります。

 

メッカへの巡礼は、様々な宗教的遺構を巡るものですが、五行としての巡礼は、メッカの近くにあるミナという小さな町に到着するところから始まります。

 

翌日、ムスリムは、ムハンマドが最後の説教をしたアラファト山に登り、そこで神と対話したり、自分の人生を振り返るなどして過ごします。日が沈むとミナへ向けて移動しますが、その途中にあるムズダリファに泊まり、そこで小石を拾います。

 

翌朝、ミナに戻って、大きな壁に向かって小石を投げたあと、メッカにある礼拝堂を訪問します。そしてまた翌日、再びミナにある3つの壁に向かって小石を投げ、次の日も同じ行為を行った後、メッカへと移動して、巡礼は終わりを告げるのです。

 

これらの信仰行為をまっとうすることにより、ムスリムの人々は信仰を深化させ、精神的な変革を目指します。相互理解のためには、これらのことをよく知ることが大切といえるのです。

 

関連ページ




ケッペンの気候区分



トップページ 雨温図・ハイサーグラフ オリジナル問題集 サイトマップ お問い合わせ