旅の情報〜地理の世界から〜センター試験や旅行業務取扱管理者の勉強、独学で人気資格を取得

痛風に良い温泉の仕組み

 

高尿酸血症
血液中の尿酸濃度が正常値を超える病態を高尿酸血症と言います。初期の高尿酸血症は無症状ですが、放置すると痛風になり、尿路結石にもつながります。血清尿酸値が7mg/dL以上で高尿酸血症と診断されます。

 

痛風
血中の尿酸という物質の量が多くなると、血液中に溶けきれなくなって足の親指の関節などに尿酸の結晶が析出します。痛風は結晶化した尿酸が原因で炎症が起こり激しい痛みが現れます。

 

尿路結石
血液は腎臓で尿になり、老廃物が排泄されます。尿酸値が高いと尿酸の多い尿になります。腎臓や尿細管、膀胱などで尿酸が結晶化して石のようになったものを尿路結石と言います。

 

これらの病気は基本的に次のように進行します。

 

 

また、尿酸が血液中に増える原因は大きく2つあります。
・プリン体の過剰摂取などによる尿酸の増加
・腎不全などによる尿酸排泄の低下

 

尿酸はプリン体の代謝物です。プリン体を含む食品を食べると最終的に尿酸に変換されて尿中に排泄されます。そのため健康な人でも血液中には一定量の尿酸が溶けおり、最終的に尿中に排泄されます。

 

しかし食の欧米化やアルコール摂取によってプリン体の摂取が多くなると排泄が追い付かず、尿酸が蓄積されるのです。

 

腎不全などでも痛風になることがあります。血液中の尿酸を排泄する機能が低下し、尿酸が蓄積されるのです。

温泉で痛風を改善する

泉質

適応症(浴用)

適応症(飲用)

炭酸水素塩泉

きりきず、末梢循環障害、冷え性、皮膚乾燥症 十二指腸潰瘍、逆流性食道炎、糖尿病、高尿酸血症(痛風)

放射能泉

高尿酸血症(痛風)、関節リウマチ、強直性脊椎炎など

-−

環境省の泉質別適応症より

 

炭酸水素塩泉は飲泉で効果がある
炭酸水素塩泉は炭酸水素イオン(HCO3-)を含んでいます。炭酸水素イオンは重曹(NaHCO3)の成分でもあります。炭酸水素イオンは弱いアルカリ性を示します。

 

炭酸水素泉を飲泉すると、尿酸値を下げたり、血液や尿をアルカリ性に近づけたりします。高尿酸血症の患者は尿酸が多いので血液や尿が酸性になっています。この酸性の改善に繋がります。

 

血液や尿をアルカリ性化することは尿酸が結晶化することを防止します。尿酸は酸性の血液中や尿中で結晶化しやすいためです。

 

実際に尿路結石防止のため尿アルカリ化薬(クエン酸カリウムなど)が用いられます。尿をアルカリ性にして腎臓や尿管、膀胱などでの尿酸の結晶かを抑えます。クエン酸は体内で炭酸水素イオンとなります。

 

放射能泉は浴用で効果がある
放射線は原爆や原発によりマイナスイメージが強いと思います。放射線を大量に浴びれば健康に異常が生じますが、微量なら健康に良いという説(放射線ホルミシス効果)があります。

 

放射能泉にはラドン、ラジウム、トリウムといった放射性元素が含まれています。これらの物質は皮膚からの吸収、蒸気の吸入により体内に入ります。体内に入った放射性元素の働きで、尿酸の排泄を促すと言われています。

 

痛風発作が起きると温泉に行かない方が良い
痛風により痛みが出ることを痛風発作と言います。発作が起きると激痛が襲い、1週間程度で治まります。「風が当たるだけで痛い」ので痛風と言います。

 

発作を繰り返している時期は温泉には行かない方が良いのです。痛風を悪化させる可能性があるからです

 

また、痛風発作中に尿酸値を変動させると発作がひどくなり、蔓延化すると言われています。痛風に効く温泉で下手に尿酸値を下げてしまうと逆に悪化する可能性があるのです。

 

基本的に発作が起きたら患部を冷やし、安静にし、処方された鎮静剤を飲みます。発作の繰り返しが十分に収まってから尿酸値を下げる治療をします。

 

痛風の効く温泉は、痛みがないく、尿酸治療を受けていない、尿酸値が少し高めの方に向いています。

痛風お役立ち情報

合併症が多い
高尿酸血症や痛風は合併症のリスクが高い病気です。尿酸値が高い人は生活習慣病も発症しやすいというデータがあります。高尿酸血症や痛風を改善することは虚血性心疾患、脳血管障害などのリスクを減らすことに繋がります。

 

痛風患者は9割が男性
痛風は患者全体の約9割が男性です。痛風の原因物質である尿酸は女性ホルモンにより排泄が促されるので、女性には尿酸が蓄積されにくいのです。しかし女性ホルモンが少なくなる閉経後は閉経前と比べて痛風にかかりやすくなります。

 

関連ページ




ケッペンの気候区分



トップページ 雨温図・ハイサーグラフ オリジナル問題集 サイトマップ お問い合わせ