中国の箸と日本の箸は違う

中国のお箸

日本はお箸文化です。
日本の近隣の国のアジア諸国でもお箸文化です。
旅行先でお箸を使うと何故か安心しますよね。ところが日本のお箸と海外のお箸の形は少し違うことに気づきました。
写真は台湾に行った際に撮ったものです。
右が持つ方、左が食べ物をつかむ方です。
食べ物をつかむ方が尖ってないので、日本人には少し使いにくいと感じると思います。
日本の箸は先がもっと尖っています。

尖ってないのは必要がないから

中国の箸の先が尖っていないのはその必要がないからです。
ほとんどの中華料理は最初から一口サイズになって出てきます。
酢豚・麻婆豆腐・八宝菜・小龍包など、大皿に乗っているものを取って口に運べばいいだけです。
一方日本では魚料理は身をほぐして食べなければならないので先がとがっている方が食べやすいのです。
日本の箸にもいろいろな種類があります。

両方尖っている祝箸

日本でお正月に使うお箸は祝箸といいます。祝箸は両端がとがっています。そのため両口箸とも呼ばれます。
なぜ両方が尖っているのでしょうか。
一方は自分が食べる用、もう一方は神様が食べる用という意味が込められているからです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA