旅の情報〜地理の世界から〜センター試験や旅行業務取扱管理者の勉強、独学で人気資格を取得

アンタナナリボの雨温図・ハイサーグラフ

アンタナナリボの雨温図

アンタナナリボのハイサーグラフ

 

 

 

 

解説

アンタナナリボはマダガスカルの首都です。マダガスカルはアフリカ大陸の東の島国です。なんと、このマダガスカルには風、海流、山脈など様々の影響でAf、Aw、Cw、BS、BWが一緒に存在する島となっています。

 

雨温図の気温のグラフは直線ではないので赤道から離れています。最寒月平均気温が18度以下なのでC気候と判断できます。マダガスカルは様々な気候区分が一緒に存在し、同緯度でもアンタナナリボのすぐ西はAf気候となりますが、アンタナナリボは標高が高いので気温が下がり、貿易風によってもたらされる雨は山のふもとで降ってしまうので少なくなります。降水量は乾季があり、気温が低い冬にあることから、Cw気候だと分かります。

 

ハイサーグラフは気温の低い冬に乾季が来ているので冬にy軸にくっついています。夏は降水量が多いので右に伸びています。

 

アクラの雨温図・ハイサーグラフ

 

関連ページ




ケッペンの気候区分



トップページ 雨温図・ハイサーグラフ オリジナル問題集 サイトマップ お問い合わせ