旅の情報〜地理の世界から〜センター試験や旅行業務取扱管理者の勉強、独学で人気資格を取得

サンフランシスコの雨温図・ハイサーグラフ

 

サンフランシスコの雨温図

サンフランシスコのハイサーグラフ

左軸:降水量(mm)、右軸:月平均気温(℃)

横軸:降水量(mm)、縦軸:月平均気温(℃)

 

解説

サンフランシスコはアメリカの西海岸の都市です。
雨温図の気候のグラフは直線でもなく尖ってもないのでC気候の温帯です。降水量がほぼ0になる乾季があります。乾季は気温が高い夏ということでCs気候となります。
ハイサーグラフは気温が高い夏にy軸に張り付いています。気温が低い冬は雨が降るので右下がりとなっています。

 

Cs,BS,BW,Awの基本的配置

下の図のように沖合に寒流が流れるとBWつまり砂漠気候が海に接しています。BWからやや離れると多少雨の降るBSつまりステップ気候が位置します。北半球ではBSの上(北)にCsが位置し、下(南)にAwが位置します。
サンフランシスコはこのCsに位置します。

 

この例はアフリカのサハラ砂漠でも当てはまり、寒流が流れる海に砂漠が接し、北は地中海のCs、南はガーナ、コートジボワールなどのAwが位置しています。

 

南半球ではCsとAwの位置が逆転します。つまり砂漠を挟んで赤道に近い方がAw、赤道から遠い方がCsです。
南半球ではオーストラリアの砂漠、アフリカのナミブ砂漠がこのパターンです。

 

いずれも沖合に寒流が流れると、海岸までBWがせり出しているところがポイントです。

北半球

南半球

   

 

雨温図・ハイサーグラフのヒント

雨温図・ハイサーグラフは気温と降水量を視覚的に見やすくしたものです。計算問題ではありません。気候区分=計算問題と思い苦手意識を持っている方もいるかと思いますが、計算が必要な場合は年間の月別降水量や気温の数値データが必要となります。


では雨温図やハイサーグラフなど気候に関する問題はどのようにして解くのか。それは気候に影響を与える要因つまり気候因子を覚えることから始まります。気候因子には緯度、海流、風、山脈、標高、隔海度…などがあります。


例えば、暖流が沖合を流れるため降水量が多い。標高が高いため気温が低い。季節風により降水量が変化するなど。これら気候因子の知識から総合して考えると気候区分は判断できてしまいます。


気候因子から気候区分を判断できるように次のページを参考にしてみてください。


ケッペンの気候区分まとめ

ケッペンの気候区分:熱帯気候の特徴
ケッペンの気候区分:砂漠気候の特徴
ケッペンの気候区分:温帯気候の特徴
ケッペンの気候区分:冷帯気候の特徴
ケッペンの気候区分:寒帯気候の特徴


気候因子まとめ

ケッペンの気候区分:熱帯気候Af、Am、Awの気候因子
ケッペンの気候区分:砂漠気候BW、BSの気候因子
ケッペンの気候区分:温帯気候Cfa、Cfb、Cs、Cwの気候因子


正確に計算したい場合

ケッペンの気候区分を計算で判別


もっと雨温図・ハイサーグラフ問題を解きたい

雨温図・ハイサーグラフ問題集


ハイサーグラフが苦手

 

 

関連ページ




ケッペンの気候区分



トップページ 雨温図・ハイサーグラフ オリジナル問題集 サイトマップ お問い合わせ