旅の情報〜地理の世界から〜センター試験や旅行業務取扱管理者の勉強、独学で人気資格を取得

チェラプンジの雨温図・ハイサーグラフ

 

チェラプンジの雨温図

チェラプンジのハイサーグラフ

左軸:降水量(mm)、右軸:月平均気温(℃)

横軸:降水量(mm)、縦軸:月平均気温(℃)

 

解説

チェラプンジと言えば世界で一番降水量が多いインドのアッサム地方の都市です。雨温図の降水量の目盛を見ると数字がすごい事になっています。
雨温図の気温のグラフは直線でもなければ尖ってもいないのでC気候つまり温帯です。乾季は、気温が低い冬なのでCwだと判断できます。
ハイサーグラフは気温の下がった冬に乾季があるためy軸に張り付いています。

 

豆知識 チェラプンジはなぜ世界でもっとも雨が降る地域なのか?

 

雨温図を見ると夏に雨が最大となっています。夏のモンスーンが大量の湿気を含んでインド洋から大陸に吹いてきます。この湿気が雨となるのですが、これだけでは大量の雨は降りません。日本でも夏のモンスーンは吹いてきます。チェラプンジはヒマラヤ山脈のふもとに位置するので8000m級の山に湿気が駆け上がり、全てが雨となるので大量の雨となります。日本では高い山脈がなく、モンスーンの一部は山の向こう側へ超えていきます。
つまり夏のモンスーン+ヒマラヤ山脈によって大量の雨がもたらされます。冬はモンスーンの向きが変わるので全く雨が降りません。

 

雨温図・ハイサーグラフのヒント

雨温図・ハイサーグラフは気温と降水量を視覚的に見やすくしたものです。計算問題ではありません。気候区分=計算問題と思い苦手意識を持っている方もいるかと思いますが、計算が必要な場合は年間の月別降水量や気温の数値データが必要となります。


では雨温図やハイサーグラフなど気候に関する問題はどのようにして解くのか。それは気候に影響を与える要因つまり気候因子を覚えることから始まります。気候因子には緯度、海流、風、山脈、標高、隔海度…などがあります。


例えば、暖流が沖合を流れるため降水量が多い。標高が高いため気温が低い。季節風により降水量が変化するなど。これら気候因子の知識から総合して考えると気候区分は判断できてしまいます。


気候因子から気候区分を判断できるように次のページを参考にしてみてください。


ケッペンの気候区分まとめ

ケッペンの気候区分:熱帯気候の特徴
ケッペンの気候区分:砂漠気候の特徴
ケッペンの気候区分:温帯気候の特徴
ケッペンの気候区分:冷帯気候の特徴
ケッペンの気候区分:寒帯気候の特徴


気候因子まとめ

ケッペンの気候区分:熱帯気候Af、Am、Awの気候因子
ケッペンの気候区分:砂漠気候BW、BSの気候因子
ケッペンの気候区分:温帯気候Cfa、Cfb、Cs、Cwの気候因子


正確に計算したい場合

ケッペンの気候区分を計算で判別


もっと雨温図・ハイサーグラフ問題を解きたい

雨温図・ハイサーグラフ問題集


ハイサーグラフが苦手

 

 

関連ページ




ケッペンの気候区分



トップページ 雨温図・ハイサーグラフ オリジナル問題集 サイトマップ お問い合わせ