旅の情報〜地理の世界から〜センター試験や旅行業務取扱管理者の勉強、独学で人気資格を取得

日本の四大公害

 

  発生地 症状 原因物質
四日市ぜんそく 三重県四日市 ぜんそく 硫黄酸化物
イタイイタイ病 富山県神通川流域 全身が痛い カドミウム
水俣病 熊本県水俣湾沿岸 知覚や運動に障害 メチル水銀
新潟水俣病 新潟県阿賀野川流域 知覚や運動に障害 メチル水銀

公害とは
事業活動などによって発生する大気の汚染、水質の汚濁、土壌の汚染、騒音、振動、地盤の沈下、悪臭が原因で人の健康や生活環境に被害がでること。

 

四日市ぜんそく

原因

四日市ぜんそくは1960年頃から三重県四日市市で発生した公害です。原因は石油化学工場から出る硫黄酸化物です。水俣病・イタイイタイ病は有害物質が川に流出されたのに対し、四日市ぜんそくは空気中に硫黄酸化物が放出されました。

 

同様の大気汚染は、神奈川県川崎市や岡山県水島市などの工業地帯でも発生しています。

症状

ぜんそくの症状は息苦しくなり、悪化すると呼吸困難になります。空気中の硫黄酸化物が気管支に入ると、体が反応して空気の通る気管支が狭くなり、肺に十分な酸素を送ることができなくなってしまいます。

 

 

 

関連ページ




ケッペンの気候区分



トップページ 雨温図・ハイサーグラフ オリジナル問題集 サイトマップ お問い合わせ