気候因子:アジアのAm地域は季節風の方向で判断できる

隔海度で気温の年較差が決まる

海からどれだけ離れているかを隔海度で表現し、海に近い場合は隔海度が小さい。海から遠い場合は隔海度が大きいと言います。この隔海度は気候に大きな影響を与えています。

日本のように海に近い地域は海洋性の気候、モンゴルのように内陸の地域は大陸性の気候になります。海からの距離に気温の変化は左右されます

海洋性

海に近い地域は海洋の影響を大きく受けた気候となります。水は比熱が大きい(温度変化が小さい)ので海洋性気候下では気温の年較差・日較差ともに小さくなる傾向があります。

大陸性

海のない大陸内部では、気温の変化が大きくなり、年較差・日較差ともに大きくなります。砂漠では昼は暑く夜は寒くなるというのは海が少ないからです。

ここで日本の春と秋のどちらが暑いかを考えたときに海洋の影響を受けていることが分かります。春と秋では日照時間はほぼ同じですが、秋の方が暑いです。

夏に熱せられた海水は比熱が高いため温度が下がらずその熱が秋に暑さをもたらします。反対に冬に冷たくなった海は春になってもなかなか温度が上がらず春は秋より寒くなります。海が近くにあると海水温度の変化が直に気温に影響するということです。

海流-暖流は雨を、寒流は砂漠をもたらす

暖流

暖流は赤道近くで太陽に熱せられ、高緯度に向かって流れる海流のことです。プランクトンが少ないという特徴があります。

暖流は文字通り暖かいので暖流が沖合を流れていれば気温は高くなります。また、水蒸気となり、上昇気流に乗ると雨もよく降ります。

寒流

寒流は寒帯から低緯度に向けて流れる海流のことです。栄養満点なためにプランクトンが多く、魚も多い豊かな漁場となります。

寒流も文字通り寒いので寒流が沖合を流れていれば気温は下がり、雨は降りません。上昇気流が発生しないからです。沖合を寒流が流れる場合砂漠が出来上がります。

風は降水量に影響する

貿易風

中緯度高圧帯から赤道低圧帯へ吹く風のこと。貿易風はどの方向からどの方向へ吹くのかよく問われます。

風は高気圧から低気圧へと空気が流れるために発生します。赤道付近は太陽に熱せられて上昇気流が生じます。上昇気流は空気が地表付近から上へ移動するので辺りは低気圧となります。

赤道は年中太陽に熱せられる地域なのでもちろん上昇気流も年中発生していつも低気圧となっています。そこへ風が吹き込んでくるので年中赤道に向かって風が吹いています

さらに、地球は自転しています。その方向は東へ回転している向きです。すると空気は地球の自転の速さについていけず、赤道に対して斜めに傾きます。図のように北半球では北東から、南半球では南東から吹く風ということが分かると思います。

 偏西風

中緯度高圧帯から高緯度低圧帯へ吹く西風のこと。これは文字通り年中、西から吹く風のことです。ジェット気流とも呼ばれ、飛行機が西から東へ飛ぶ場合この風に乗れば所要時間が短くなります。また、中緯度の地域で天気が西から東へ移動するのもこの風の影響です。

季節風(モンスーン)

季節風とは季節によって風向きが変わる風でアジア地域に見られます。風の方向は日本~フィリピンは夏、南東からの風。冬、北西からの風。フィリピン~インドが夏、南西からの風。

冬、北東からの風。風向きが変わるのはコリオリの力の影響です。コリオリの力については物理好きの人に聞いてください。
 
フィリピンが風向きが変わる境目だということは覚えておきましょう。ちなみに下図のピンクの地域はAm気候です。気温の高い熱帯地域であることに加えて、夏のモンスーンが当たる地域がAm気候となっていることが分かります。風の方向を理解していれば、降水量が何mmとか考えなくてもAmの地域が理解できます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA