地理の農作物、こうりゃんとは

地理の農作物、こうりゃんとは

 

こうりゃんとは、イネ科の一種で、熱帯・亜熱帯地域で生育する穀物です。

 

実は赤褐色で、米や小麦の育ちにくい土地でもそだてることができる、とても強い植物です。「こうりゃん」というのは中国語の呼称で、ほかにも、「もろこし」「たかきび」「ソルガム」などとも呼ばれることもあります。

 

蕎麦の実のような食感があり、ひき肉の代わりに料理に代用することができます。日本人に馴染みのあるものとしては、白米に混ぜて炊く雑穀の中に入っていたりします。

 

食用として食べている地域は多く、エスニック料理のクスクスやインドなどで主食とするチャパティ、シロップなどにも加工されます。

 

また、家畜用の飼料としたり、蒸留酒・ビールの材料などにも使われ、その用途は非常に幅広いものです。

 

関連ページ




ケッペンの気候区分



トップページ 雨温図・ハイサーグラフ オリジナル問題集 サイトマップ お問い合わせ