冬小麦と春小麦とライ麦の特徴と栽培方法の違い

小麦はパン、麺類などの原料となる穀物で、人間の主食となります。その生産量も多く三大穀物(米、小麦、とうもろこし)にも含まれています。小麦には幾つかの品種があり種をまく時期が異なるため、冬小麦と春小麦に分類されます。

ライ麦もパンの原料となる穀物です。ライ麦から作られたパンはライ麦パン、黒パンと呼ばれます。ライ麦は小麦より低温に強いためドイツやロシアなどの北国で生産が多く、主食となる穀物です。

冬小麦と春小麦の違いは冬を越すかどうか

冬小麦と春小麦は栽培方法が異なります。冬小麦は秋に種をまき初夏に収穫します。タネを蒔いてから収穫までに冬を越すことから冬小麦と呼ばれます。

一方、春小麦は春に種をまき秋に収穫する。そのため、栽培の過程で冬を越すことはありません。

小麦は育成期の気温が月平均14℃程度、収穫前の成熟期に月平均20℃程度、年降水量は500mm~750mm程度という栽培条件があります。

しかし、品質の違いで種をまく時期が異なり、冬小麦と春小麦に分けられるのです。冬を越す冬小麦、冬を越さない春小麦ということになります。

基本は冬小麦、寒い地域は春小麦

世界の小麦は春小麦より冬小麦の方が多く生産されています。小麦は本来、秋に種をまき、冬を越して夏に収穫する穀物です。

しかし、ロシア、カナダ、アメリカ北部など冬の気温が低くなりすぎる地域では通常の小麦は冬を越すことができません。そこで栽培期間の短い品種を扱い、春に種をまき秋に収穫するのです。以下はフランスのパリとカナダのウィニペグの雨温図を示しました。

パリの雨温図 ウィニペグの雨温図

左軸:降水量(mm)、右軸:月平均気温(℃)

左軸:降水量(mm)、右軸:月平均気温(℃)

パリでは冬小麦の栽培ができるため、冬にタネをまき、夏に収穫します。こうすることで、小麦がよく育つ気温に合わせることができます。

一方、ウィニペグでは冬の気温が低すぎるため、小麦は冬を越すことができません。そこで、春にタネをまき、秋に収穫することで、小麦が最適に育つ気候に合わせています。

アメリカと中国の小麦事情

アメリカと中国は面積が大きいため地域を分けて、冬小麦と春小麦の両方を栽培することができます。そのため小麦の生産量は世界でも上位に入ります。しかし、アメリカと中国の小麦事情は少し異なります。

アメリカは小麦の輸出大国です。企業が小麦を商品とし海外へ売ることでお金儲けをする企業的穀物農業です。小麦の栽培に適した土壌であるプレーリー土が分布する地域一体で大規模に生産します。冬小麦はカンザス州・オクラホマ州、春小麦はノースダコタ州で広く栽培されています。

一方中国は小麦の生産量は世界一ですが、輸出量は多くありません。中国は人口が多いため生産した小麦は中国人がほとんど食べてしまうのです。これを自給的農業と言います。

中国は南部で稲作がおこなわれますが、北へ行くほど小麦が栽培されるようになり、モンゴルやロシア、韓国の国境付近では春小麦が栽培されます。

ライ麦は小麦より寒い地域で栽培可能

ライ麦は小麦より低温で発芽することができるため、小麦が栽培できない寒冷地でも栽培することができます。

下の図は2012年のヨーロッパにおける小麦とライ麦の生産上位国に色を付けたものです。小麦よりライ麦の方が北で栽培されていることがよく分かります。イギリスは北大西洋海流の影響で暖かいのでライ麦栽培は少ないのです。

※ロシアは除外、両方にランクインしているドイツとウクライナは南北で色分け。

ただし、生産量では圧倒的に小麦の方が多いことに注意しましょう。ライ麦が栽培できるドイツ、ポーランド、ベラルーシでも小麦の生産量の方が上回っています。以下は小麦とライ麦の生産量の違いをグラフ化したものです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA